月別アーカイブ: 2014年8月

オペラ声楽公開レッスン(マスタークラス)開催のお知らせ

マスタークラス(FIDES)
来る8月31日(日)、イタリア人オペラ歌手 エミリアーノ・ブラーズィによる
上級者向け、オペラ声楽マスタークラス(公開レッスン)を開催いたします。

(受講生・聴講生募集中)

【内容】
上級者向けのオペラにおける歌唱法、テクニック、ベルカント、
表現や演技法を指導いたします。
課題曲として十分に練習しているオペラ アリアを1~2曲ご用意ください。

【講師】
エミリアーノ・ブラーズィ(ヘルデンテノール)

【対象者】
声楽を専門的に学ばれている方、声楽家
※プロ・アマチュア・学生は問いません。
※性別・声種は問いません。

【定員】
5名
※定員になり次第締め切らせていただきます。

【参加費】
1レッスン:15,000円(1レッスン約45分)
※2レッスン希望の方は:25,000円(45分×2レッスン)
※ピアノ伴奏・日本語通訳を含みます。
※同日の夜に開催する日伊交流会&声楽ミニコンサートに参加できます。

【聴講料】
3,000円(人数に制限があります) ※要予約

【日時】
2014年8月31日(日) 11:00~16:00(詳細はお問合わせください)
※9月・10月も開催予定です。

【会場】
東京都新宿区荒木町15 1F Gaillard (ガイヤール)
<電車でお越しの方>
都営新宿線 曙橋駅 A4出口より 徒歩3分
丸ノ内線 四谷三丁目駅 4番出口より 徒歩8分

【お申込み・お問合わせ】
株式会社FIDES(フィデス)/FIDES学院
電話:03-4283-8488
Eメール:info@fides-japan.com

ホームページ:http://fides-japan.com/?p=2374

 

<フェスタ>開催します!(日伊文化交流会)

FESTA-31-agosto-2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FIDES学院・日伊文化交流会~イタリア語・文化・音楽に触れる~
≪フェスタ≫イタリアBarの日(8月31日)
アペリティーヴォと声楽ミニコンサート


1年ぶりとなるフィデス主催のフェスタを開催します!
イタリアが好きな方、イタリア語を勉強している方、
オペラなど音楽が好きな方、
ぜひご参加ください!


日伊交流を目的として、イタリア人講師たちの手作りイタリア料理や
声楽レッスン生徒さんのミニコンサートをお楽しみいただきます。

当フェスタはFIDES学院のイタリア人講師やイタリア語コース受講生、声楽レッスン生の交流の場であり、また一般の方にも開放しておりますので、どなたでもご参加いただけます。

ホームページはこちらです。

※参加希望の方は、必ず事前にご予約ください。
【日時】2014年8月31日(日) 18時 開場

【参加費】3,000円(軽食・ソフトドリンク・ワイン込)
【定員】40名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

【会場】東京都新宿区荒木町15 1F Gaillard (ガイヤール)
<電車>都営新宿線 曙橋駅 A4出口より 徒歩3分
               丸ノ内線 四谷三丁目駅 4番出口より 徒歩8分

【お問合せ・お申込み】 FIDES学院
電話:03-4283-8488
Eメール: info@fides-japan.com

東京・イタリア語教室・イタリア文化コース
オペラ声楽教室・発声・ヴォイストレーニング


■声楽レッスン
■上級者向け声楽マスタークラス(公開レッスン)

■イタリア語教室
・イタリア語グループレッスン
・イタリア語マンツーマンレッスン
・留学準備コース
ラテン語講座

 

TERMÆ ROMÆ テルマエ・ロマエ

TERMÆ ROMÆ

                                                   テルマエ・ロマエ

Le terme di Traiano

Le sorgenti termali di Baia

Ricostruzione ambienti termali di Baia (1, 2)

 

I bagni termali a scopo curativo hanno in Italia un’origine antichissima, le sorgenti termali di Saturnia, per esempio, erano note già al tempo degli Etruschi più 3.000 anni fa.

Al tempo degli antichi Romani, andare alle terme era una moda, soprattutto dopo il 176 a.C., quando il console Gneo Cornelio Scipione, malato a quanto pare di artrite, si sarebbe recato per curarsi alle Aquae Cumanae di Baia (in latino Baiae, un’insenatura nel golfo di Pozzuoli, che per effetto del bradisismo parte dell’antico litorale oggi si trova sommerso a circa quattro metri dal livello della spiaggia). Le sorgenti sulfuree calde non furono di giovamento al console; la malattia si aggravò ed egli morì poco dopo a Cuma (Livio, Storia di Roma, XLI 16,3).

La fiducia dei Romani nelle virtù terapeutiche delle acque calde non ne fu tuttavia scossa: Baia divenne una popolare località termale, la più mondana di tutto il mondo romano, tanto che nella prima età imperiale i turisti sani che volevano soltanto godersi una lussuosa e piacevole vita balneare superavano quelli che vi soggiornavano per curarsi.

Certamente la componente medica e terapeutica continuò a svilupparsi, ma chi si recava alle terme per riprendersi da un dispiacere, incorreva in un altro “pericolo”, come ci racconta il poeta Ovidio, quello di tornarsene a casa con una malattia ben più grave: e cioè, di essere seriamente innamorato (Ars Amatoria 1, 255). Duemila anni fa gli antichi Romani andavano a Baia. Questo era il luogo di villeggiatura più ricco ed elegante dell’Impero Romano; lì avevano costruito ville enormi e lussuose. Il nome di questa splendida insenatura è legato al leggendario viaggio di Ulisse che qui seppellì il suo compagno Baios. Approdo della potente Cuma fu il luogo più decantato e frequentato per le sue delizie ambientali e per le sue sorgenti termali.