月別アーカイブ: 2013年12月

語の由来-Musica(音楽)とmuseo(美術館・博物館)

語の由来
Musica(音楽)とmuseo(美術館・博物館)

Musicaという語はラテン語のars musica「ムーサたちの技芸」に由来しています。ムーサとはギリシャ神話の9柱で、アポロンの賢明なる導きのもとあらゆる芸術や教養、文学を保護したゼウスとムネモシュネ(記憶を神格化した女神)の娘たちとされています。ギリシャ神話におけるムーサの重要性は高く、「万物」 すなわち永遠に輝けるものの真実としての芸術の理想を象徴していました。正確にいうと、ムーサたちにはそれぞれ名前と保護する芸術がありました。クレイオーは歴史、エウテルペーは叙情詩と音楽、タレイアは喜劇、メルポメネーは悲劇、テルプシコラーは舞踏と交声詩、エラトーは愛の詩と合唱、ポリュムニアーは無言劇と聖歌や英雄を讃える歌に合わせた舞踏、ウーラニアーは天文と幾何、そして最後のカリオペーは、詩人ホメーロスにイーリアスとオデュッセイアの着想を与えた女神で、叙事詩を保護していました。

これらの9柱はmusicaとは全く違う意味ではあるのですが、やはり芸術と関係がある別のイタリア語の由来にもなっています。たとえばイタリア語のmosaico(モザイク)は、opus musaicum(ムーサに捧げられた作品)という表現から来ていますし、ギリシャ語のmuséionからは、ラテン語のmusèum(あるいはmusaèum)やイタリア語のmuseo(美術館・博物館)という語が生まれています。モザイクの話はひとまずおいておき、今回はmuseoという言葉がどのように誕生したのかみてみることにしましょう。

紀元前3世紀、エジプトのアレクサンドリアではプトレマイオス1世(紀元前367-283)の指導のもと、ムーサに捧げられた建物が建てられました。そこは学者や教養のある人々(数学者、科学者、天文学者のエウクレイデスやエラトステネス、医者のヘロフィロスなど)の社交場となりましたが、それと同時に学堂でもあり、様々な知識を身につけ、先に上げたような学識豊かな人たちの授業を聞くことができる場でもあったのです。muséionと呼ばれたこの場所には、その収蔵作品の多さで古代エジプト中にその名を馳せたアレクサンドリア図書館が併設されていたこともあって、その後数世紀に渡ってヘレニズム世界のもっとも高尚な文化施設とされていました。

当時、アレクサンドリアの街はとても豊かで、有力な市民たちはプトレマイオス1世の事業を真似しようと自らの邸宅内に絵画や彫刻、歴史的に価値のある物、科学の道具などを収集し始めました。時の経過とともにコレクションの数があまりにも増えてしまったため、これを収蔵するための建物を新たに作る必要があった人もいたほどです。このような建物も、最初に貴重な作品を集めて保存を始めたムーサに捧げられた祠堂と同じようにmuséionと呼ばれました。古代ローマがエジプトを征服した時、このギリシャ語がラテン語のmusèumになり、そこからイタリア語のmuseoへと派生したのです。

この語は17世紀頃から普及し始め、芸術作品や考古学的資料を収蔵する所を示す言葉としてあらゆる近代語に広まって行きました。その後20世紀からは、様々な所から収集されたものを指す語として普及しました。

マルコ・ビオンディ Marco Biondi

初心者からのイタリア語学校はFIDES学院へ
上級者向け、ラテン語・古典ギリシャ語コースもあります。
イタリア人歌手による本場声楽レッスンもFIDESです。

声楽についての考察(2)~オペラ歌手・声楽講師エミリアーノ・ブラーズィからのメッセージ~

声楽についての考察(2)
~オペラ歌手・声楽講師エミリアーノ・ブラーズィからのメッセージ~

現代における声楽を学ぶことの難しさ

以前は声楽を学ぶのはずっと簡単なことでした。というのも、生徒たちは自然な方法で自分の声の特質を理解し、それを磨くことができる環境に置かれていたからです。しかし、現在はこのような方法で学ぶことが出来ません。一人ひとりにシンプルかつ効果的な指導で、どうしたら良い声が出るのか、どうするとだめなのかをはっきりと直接的に示してくれる先生が必要です。というのも、100年前と違って、今では生活のありとあらゆる面において、そしてもちろん声楽に関しても、情報が溢れているからです。しかし、経験をあまり積んでいない人の中には、どれが自分の進むべき道なのかを正しく見極めることができないでいる人もいます。様々なテクニックやメソッドを前に、ただ困惑してしまう生徒は意外に多いものです。
その結果、どういうことが起こっていると思いますか?現在の生徒たちは100年前の生徒たちよりもずっと多くの疑問を抱えた状態で、スタート地点に立たされてしまっているのです。それなのに、生徒たちは言われたことに対して、ちゃんと理解していかなければならないのです。
なぜ、こんな風になってしまったのでしょう。それはもはや頭が疑問でがんじがらめになり、様々な影響を受けすぎ、多くのストレスに晒されているからです。以前、頭は直感的に動いていました。私たちは頭をもっと信頼していましたし、頭は物事を受け入れるのにずっと開放的でした。しかし、開放的だったその頭の扉は、今は疑問で固く閉ざされてしまっています。では、どうしたらそれを開くことができるのでしょう。答えは、できる限り科学的で、シンプルで、現実的で、そして明確でいるということです。本質的な点に触れることこそが生徒たちの上達を促します。とりわけ大切なのは、人が言うことについて、それが正しいかどうかすぐに確認をすることです。生徒が自分の目と耳で確かめさえすれば、もう疑問を抱く余地はなくなるはずです。自分の手で問題に触れ、それを解決すれば疑問は消えてしまうのです。ある音を出すのにある筋肉が関係していることを理解し、それがどういう風に機能しているのかが分かれば疑問は少しずつなくなっていくはずです。なぜなら、声楽は抽象的なものではなく、私たちの身体という具体的なものに基づいているからです。ですから本来疑問を抱いたりすることはないはずで、「これはこうなのかな?他にもやり方があるのかな?うまくできたかな、それともだめだったのかな?あれ、今の音はなに?どこからでてきたの?わかんないなあ!」などと思うことはないはずなのです。こういった疑問は消し去っていかねばなりません。でも、どうやって?それはもっと意識的に、かつ正しい方法で体の構造と関わっていくことで出来るのです。
これは基本的なことです。歌の先生を探している人は、その先生の教えでどのような結果がどんな風に出るのかということを知りたいわけです。優秀な先生であれば、遠回しな言い方をすることなく、シンプルに結果を出すことでこの問いに答えられるはずです。というのも、先生も一人の歌手として体の機能を理解し、特徴的な問題と向き合った経験があるからです。そして、答えを見つけることで欠点が消えていくことをちゃんと教えることが出来るはずなのです。

Emilino Blasi-2











エミリアーノ・ブラーズィ
声楽についての考察(1) 声楽の基礎 ↓↓↓
http://fides-japan.com/2013/10/%e5%a3%b0%e6%a5%bd%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%ae%e8%80%83%e5%af%9f%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89-%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e6%ad%8c%e6%89%8b%e3%83%bb%e5%a3%b0%e6%a5%bd%e8%ac%9b%e5%b8%ab/


初心者からのイタリア語学校はFIDES学院へ
入門から上級者まで、多彩な講座。
イタリア語発音やベルカント唱法など、
イタリア人歌手による本場声楽レッスンもあります♪
http://fides-japan.com/