歌に年齢は関係ない♪

宇都宮から新幹線に乗って四ツ谷まで・・・♪♪♪
今年の4月から声楽レッスンを始めた 大越久仁子さん。なんと73歳です。
しかも声楽だけでなく、同日にイタリア語のプライベートレッスンも受けられています。
週に1回、新幹線に乗って、宇都宮から通うという熱心さ!
大越さんがフィデス学院に通い始めたきっかけは、数年前から学習していたイタリア語を
さらに上達させるため、イタリア語のプライベートレッスンをとる為でした。
もともとNHKラジオ講座「みんなのイタリア語」で独学していた大越さんは、
その講座に出演していたマルコ・ビオンディ先生の大ファンでした。
そのマルコ先生とイタリア語をお勉強したい、ということでフィデスに来て下さったのです。
ただ、イタリア語だけの予定が、フィデスでは声楽を学べることも知ると、すぐに体験レッスンを希望され、
そこから、声楽レッスンが始めりました。
「私は歳だから・・・」と最初のうちは心配されていましたが、
声を出し始めたら、顔の表情が変わり、イキイキとして、全く年齢の事など気にならなくなりました。
そう、大越さんは歌を歌うことが大好きで、イタリアオペラのアリアを歌うことが夢でした。
心のどこかでいつも願っていた、アリアを歌いたい想いが、叶い始めたのです。
初めて声楽をきちんと学ぶ人にとって、決して簡単ではない発声トレーニングを一から一生懸命こなしながら、
長年歌うことを夢見てきたオペラ「トスカ」のアリア「歌に生き、愛に生き」を課題曲にしてお勉強しています。

レッスンに来ると、いつも私たちに言って下さることがあります。
「Con il maestro bravo, si impara verocemente e correttamente」
→ 「優秀な先生に習えば、正しく、早く学ぶことができる」


そして、もう一つ、
「歳だから、無駄にする時間はないのよ、せっかく何かを学ぶなら『本物』を学びたいわ。」

レッスンの質、効果、上達を最も大切にしているフィデス学院にとって何より嬉しい言葉です。
そして、「歳」は関係なく、どなたにも時間や努力を無駄にしてほしくない!と私たちはいつも考えます。

満足していただけるレッスンを提供すること、
それは、日々を幸せに過ごしてもらうことに直結します。

一人でも多くの方に、喜んでもらえるよう、引き続き頑張ります^^!

A presto ^-^/~~

「A presto」とは、「またね」「また今度」「また近いうちにね」という意味で、メッセージの最後や、人との別れ際に使うとっても役に立つ表現です。
Canto-1Canto-2

 

 

 

 

 

 

〔初心者からのイタリア語教室 FIDES学院〕
★イタリア語学校、声楽レッスンならプロが教える「フィデス学院」へ
東京で本場イタリアの声楽レッスンが受けられる♪
声楽のためのイタリア語発音、コンクール、オーディション順など。
あなたの可能性が確実に広がります^0^/~
http://fides-japan.com/