ホーム » 語学レッスン » イタリア文学講座

ウンベルト・エコ 「薔薇の名前」  Il Nome della Rosa 

※FIDES担当講師オリジナルのガイドとテキストがあります。

本全体の背景とされている歴史的テーマ・文化的主題を深めながら講読してゆきます。
中世という時代を刺激した根本テーマ、歴史的・社会的背景や、本文中に引用された登場人物像、また彼らの哲学的、神学的、政治的思想にも触れ知識を深めてゆきます。
※担当講師のオリジナルガイド(GUIDA)・テキスト(1日目~7日目)を一部閲覧いただけます。

イタリア語レベル授業は、全てイタリア語で行われます。
受講料金¥35,000/90分×10回 (3ヵ月)
※2学期目から継続割引あり(10%OFF:3,500円割引)
テキスト別途購入
①Umberto Eco, Il Nome della Rosa, edizioni Bompiani.(Edizione riveduta e corretta 2012)(初回のみ)
②FIDES学院の講師オリジナル・テキスト「1日目~7日目」(計7冊/1冊ずつ購入)
③FIDES学院の講師オリジナル・ガイド(1冊)
オリジナルガイド・テキストをご覧いただけます。
時間割※曜日・時間固定制です。お好みの曜日・時間を下記からお選びください。
月曜日16:20-17:50、18:10-19:40
火曜日15:30-17:00、17:15-18:45
水曜日9:00-10:30
木曜日12:30-14:00
金曜日15:30-17:00、17:10-18:40
土曜日11:45-13:15、13:30-15:00
日曜日10:00-11:30、11:45-13:15、13:30-15:00
月曜日:1月9日〜3月13日
火曜日:1月10日〜3月14日
水曜日:1月11日〜3月15日
木曜日:1月12日〜3月16日
金曜日:1月13日〜3月17日
土曜日:1月14日〜3月18日
日曜日:1月15日〜3月19日
入学金¥5,400
形式グループレッスン/平均3~4名の少人数(定員6名)

ダンテ・アリギエリ 「神曲」地獄編  La Divina Commedia

このコースでは、作品の詩的原文(本文)の講義と解釈、
作品中の主題と登場人物や引用された人物像についての知識も深めてゆきます。原文をより理解しやすくするように、現代イタリア語での注解と、また各歌章では、それぞれに視聴覚教材も用意しています。

イタリア語レベル授業は全てイタリア語で行われます。
受講料金¥35,000/90分×10回 (3ヵ月)
※2学期目から継続割引あり(10%off : 3,500円割引)
テキスト別途購入 (初回のみ)
Dante Alighieri, Commedia. Inferno.
Revisione del testo e commento di Giorgio Inglese, Carrocci editore
時間割※曜日・時間固定制です。お好みの曜日・時間を下記からお選びください。
月曜日16:20-17:50 18:10-19:40
火曜日15:30-17:0017:15-18:45
水曜日9:00-10:30   木曜日12:30-14:00
金曜日15:30-17:0017:10-18:40
土曜日11:45-13:1513:30-15:00
日曜日10:00-11:3011:45-13:1513:30-15:00
月曜日:1月9日〜3月13日
火曜日:1月10日〜3月14日
水曜日:1月11日〜3月15日
木曜日:1月12日〜3月16日
金曜日:1月13日〜3月17日
土曜日:1月14日〜3月18日
日曜日:1月15日〜3月19日
入学金¥5,400
形式グループレッスン/平均3~4名の少人数(定員6名)

ナタリア・ギンズブルグ 『マンゾーニ家の人々』 – La famiglia Manzoni 

※現在開講中/見学体験受付中/途中入学可

イタリア語レベル中級以上
              受講料金¥32,000/90分×全10回 (3ヵ月)
※継続割引あり(3,200円割引)
※3ヵ月毎の学期制で開講中です。
テキストNatalia Ginzburg – La famiglia Manzoni, Einaudi editore
時間割水曜日 11:00-12:30/2017年1月~
入学金¥5,400
形式  グループレッスン/平均3~4名の少人数(定員7名)
担当講師より
コメント
La famiglia Manzoni, è un romanzo-saggio biografico in cui Natalia Ginzburg dipinge il ritratto dell’intera famiglia Manzoni collocando Alessandro, quale pater familias, al centro di una complessa trama di relazioni interpersonali ricostruita mediante la consultazione di un copioso materiale documentaristico che va dal fitto carteggio a testimonianze, diari e testamenti.
I personaggi sono descritti con lo stile meraviglioso di Natalia Ginzburg: una scrittura sintetica, elegante, ma estremamente efficace che fa immaginare chiaramente i sentimenti e le situazioni descritte.
Quest’opera è presente anche in una altrettanto splendida traduzione in giapponese a cura della prof.ssa Atsuko Suga.«Ho tentato di rimettere insieme la storia della famiglia Manzoni; volevo ricostruirla, ricomporla, allinearla ordinatamente nel tempo. Avevo delle lettere e dei libri. Non volevo esprimere commenti, ma limitarmi a una nuda e semplice successione di fatti. Volevo che i fatti parlassero da sé. Volevo che le lettere, accorate o fredde, cerimoniose o schiette, palesemente menzognere o indubitabilmente sincere, parlassero da sé… Il protagonista di questa lunga storia famigliare non volevo fosse Alessandro Manzoni. Una storia famigliare non ha un protagonista; ognuno dei suoi membri è di volta in volta illuminato e risospinto nell’ombra. Non volevo che egli avesse piú spazio degli altri; volevo che fosse visto di profilo e di scorcio, e mescolato in mezzo agli altri, confuso nel polverio della vita giornaliera. E tuttavia egli domina la scena; è il capo-famiglia; e gli altri certo non hanno la sua grandezza. E d’altronde egli appare piú degli altri strano, tortuoso, complesso …» (Natalia Ginzburg)